理事長挨拶

2017年度理事長挨拶

2017年度スローガン

 

報 恩 謝 徳

【感謝の心が未来を創る】

 

2017年度理事長 池元  弘行

~~理事長挨拶~~

rijichoshosin.jpg私たち近江八幡青年会議所は50年という長きにわたり、近江八幡市・竜王町の明るい豊かな社会の実現に向け日々運動を展開してまいりました。私たち近江八幡青年会議所は、その先輩諸兄の思いを受け継ぎ、これからも近江八幡市・竜王町の発展に貢献していくわけでありますが、2017年度近江八幡青年会議所にはビジョンがございます。

『近江八幡市・竜王町がどのようになってほしい。』 『近江八幡市・竜王町がどのようにすれば活気づくのか』そのようなことを考えて運動展開をしてまいります。

また、その運動の中でも、私たちは『 感 謝 』の心を常に心掛けて展開してまいります。地域に『 感 謝 』・家族に『 感 謝 』・そして仲間に『 感 謝 』、その思いをもって運動展開してまいります。皆様、どうか一年間よろしくお願いいたします。

 

 

理事長所信

(全文はこちら)

~~はじめに~~

私は2017年度理事長として誓います。本年に迎える四十歳で卒業という限られ残された時間を、自身のため、まちのため、近江八幡青年会議所のために使い、まちを元気にする気概、人に対する感謝の心を次代につなげていくことを使命に行動し、果敢に挑んで参ります。

先輩諸兄より受け継いできた、愛する我々のまちの未来を切り開いていく気概は変わることは無く、決して途絶えることはありません。しかし、我々の活動地域である近江八幡市・竜王町には解決すべき問題を有しており、少子高齢化や昼間人口の減少、進学、就職に伴う若者の人口流出、地域資源の有効活用、社会保障費の増加や安定した雇用の促進が挙げられ、解決すべき喫緊の問題として竜王町における消滅可能性自治体問題があります。

今地域に求められていることは様々な問題に解決の糸口を見出し、何が必要かを捉え行動することであります。今の時代を検証し未来を見据える本年の運動・活動は、近江八幡市・竜王町に持続可能性を見出します。

 

~~情報発信について~~

我々の住まう地域には昼間人口の減少や人口流出が大きな問題となっており、持続可能な地域の発展には地域の特色を発信し、地域の内外より共感してもらうことが重要になります。

地域に根差す団体として、近江八幡青年会議所の存在意義を広く伝播するため、地域に飛び込みしっかりと調査研究を行い、地域における認識の現状とより向上させるための改善点の調査活動を実施します。

我々、近江八幡青年会議所は、地域の人々とのつながりと協力の中で運動・活動を行うことができているということをしっかりと認識し、感謝の心を持って大きく楽しく発信して参ります。

 

 ~~会員拡大について~~

近江八幡青年会議所は創立されてから五十一年という長い歴史の中で、市民運動の先頭に立ち「明るい豊かな社会の実現」に向け事業を実施して参りました。今まで築き上げてこられた先輩諸兄の想いを受け継ぎ、未来へつないでいくためにも、一人でも多くのまだ見ぬ同士と出会い、我々のまちを創造する新しい力を取り入れ組織力を高めていかなければなりません。

一人でも多くのメンバーが集えば様々な視野が広がり、組織自体に活気が溢れ、志高いメンバーが切磋琢磨することによって「明るい豊かな社会の実現」に向かって行けるものと確信しています。

先輩諸兄が築いてこられたつながりに感謝し、感謝から沸き起こる想いを力に変え、メンバー全員で力を合わせこのまちを良くしようと想う志高い青年を一人でも多く募り、会員数33%以上の拡大を行って参ります。

 

~~人と地域、そして活性化~~

我々の住まうまちは、地域の魅力と人々の魅力に満ち溢れた非常に高いポテンシャルを持ったまちであると言えます。魅力溢れるまちづくりを行うためにも、あらゆる分野での秘められている地域資源の本当の価値を理解し、我々の力でさらに磨き上げることで、地域課題を解決できる経済的活力ある魅力を開拓します。

私たち青年会議所はまちづくり団体であり、地方創生の機運が高まる昨今において、市民から本当に求められているまちづくりに取り組まなければなりません。

市民の皆様、各諸団体の皆様のご協力に感謝し、その感謝を原動力に地域と行政・各諸団体の共感を集め、能動的意識を持った地域の人々全体が一体となり、地域を活性化していける青年会議所だからこそできる運動を行って参ります。

 

~~まちづくり・行政~~

地方創生の機運が高まる昨今において、明るい豊かな社会を創ろうと行動している我々こそが、行政がどの様にまちづくりを行っているのか理解しなければ、行政と連携し、市民が本当に必要としている時代に則した事業を構築することはできないと考えます。

活動地域の財政を深く調査し、我々の血税を何に使うべきか、他地域における全国の成功している市政町政の取り組みの調査から学ぶとともに、我々の地域と比較考察する必要があります。

青年会議所を通じて、地域行政との相互理解によって、我々は市民町民としても力強く成長することができ、地域の人びとやまちの更なるの活力につながります。市政町政に一歩踏みこまんとする自身を奮起させ、人々に感謝の心を込め、多くのことを地域の人々に還元できる活力の源となり運動を行って参ります。

 

~~未来を創造する~~

今後三十年間で二十歳から三十九歳の人口が五割以上減少することを指標とし、少子化と人口減少が止まらず存続が危ぶまれると指摘された896市区町村の「消滅可能性自治体」の中に、我々の活動地域である竜王町が含まれており、我々はこの問題に対し直ちに行動に移さなければなりません。

まずは、地域に飛び込み竜王町の現状や人口減少の原因をしっかりと把握し、問題に解決の糸口を見出し、行政や地域が本当に望んでいる事業を展開します。

まちを牽引して行く我々が、互いへの感謝の想い忘れずに行動に移す。相手を想いやる気持ちは必ず伝わり、その輪が強くなれば揺らぐことのない深い絆を持った近江八幡青年会議所へとなり、一つとなった我々の声は必ず地域に届くと確信し運動を行って参ります。

 

~~規律ある運営組織~~

近江八幡青年会議所は、「明るい豊かな社会の実現」に向け長きに亘り地域に根差し、多くの市民町民とともにまちの活性化を担う組織として数々の運動・活動を展開して参りました。その運動・活動を支えてきたのは先輩諸兄の公明かつ健全な財務運営がなされていたからであり、我々は多種多様に変化する現代においても柔軟に対応できる運営を行う必要があります。

一般社団法人格を有する団体としてコンプライアンスを徹底する体制を確立することで、地域からの信頼に応えられる強い組織を作り上げなくてはなりません。

盤石な土台の下支えがあるからこそ我々は安心してまちづくり運動を行うことができ、本年も盤石で円滑なLOM運営が成り立っている事に感謝し、共に経費削減を模索し、財務体制の更なる強化を進めて参ります。

 

~~結びに~~

人生はたった一度しかありません。だからこそ二十歳から四十歳という輝かしいこの時代を生きる我々にしかできないことがあります。それは、青年経済人として価値のある青年期をこの青年会議所で過ごすのであれば、我々が今できることを全力で考え、自身に限界を設けることなく、一歩ずつ確実に行動し続けることであります。その結果、近江八幡青年会議所は地域の方からの信頼を集め、地域から更に必要とされ、この近江八幡市・竜王町が明るく豊かなまちになり続けると確信します。

これまで授かってきたご恩と、全てのつながりに感謝すると共に、市民の皆様の期待に応えることをお約束し一年間、全力で邁進してまいります。