委員会方針

2017年 委員会基本方針

houshin.png

  広報戦略     会員拡大    地域活性    まちの調査    未来創造     財政規則


近江八幡青年会議所 理事長所信はこちら⇒<理事長挨拶>

2017年度 広報戦略委員会 基本方針

広報戦略委員会 委員長 水野 健

 単身増加と核家族を要因とする世帯数伸張と人口減少、生活環境と都市構造の変化は人のつながりを希薄化し地域コミュニティを衰退させ、地域の魅力伝承が困難になっていきます。一方、地域を活性化させている一部の観光・商業施設の存在は、この地域が様々な魅力を有する証であります。我々は運動を通じ地域活性と魅力の伝承を扶翼し、そしてそれを導く地域団体として広く認知される戦略的広報を構築し伝播していく必要があります。

 まずは、我々の地域の魅力に対する運動と人びとの運動への賛同・参画が、連鎖的好循環を生み出すために、人とのつながりが持てるソーシャルメディアと、幅広い人びとが目に留めるHP、電子媒体だけに拘らないマスメディアにより、段階的にアプローチできる戦略的広報を構築し情報を発信します。そして、人びとが地域の魅力や我々に関心を示し興味を持ち続けてもらうために、アクセス状況を測定・検証し、わかりやすく魅力的なSNSやHPの運営・情報発信を行います。さらに、持続可能な広報活動やメンバー知識向上のために、運用を含む効果・効率的媒体を考察し、惹きつける広報に関する例会を開催します。また、地域の魅力をメンバーが把握し自覚するために、地域活動団体・地域ならではの資源を活用する企業や委員会の交流や連携により情報の質や量を充実し、地域魅力の発信に関する例会を開催します。そして、組織内では情報共有し簡素・効率化のために、電子媒体を主とした広報やスケジュールの発信を目指します。さらに、継続活動である広報を次年度に継承するため、各広報効果や認知度を検証し、統計・改善報告を行います。

 地域の魅力や我々の運動を人びとへ発信する中で、我々自身も住まう地域の魅力を継承し、我々の存在が広く認知され、さらなる地域貢献を行う団体へと昇華します。共に歩んでいく地域の人びとと成長し共栄していく報恩謝徳の精神から感謝の心が未来を創ります。

 

項  目

実  施  内  容

担 当 例 会

3 月 例 会 ( 惹 き つ け る 戦 略 的 広 報 に 関 す る 例 会 )

1 0 月 例 会 ( 地 域 魅 力 の 発 信 に 関 す る 例 会 ) 

事  業  名

・近畿地区大会ブース出展

・HP製作・発信

・定期的な「ひろば」発信

・はばたき、ダイアリーの作成、発信

・戦略的広報活動

 

2017年度 会員拡大委員会 基本方針

会員拡大委員会 委員長  大林 真士

近年、全国の青年会議所会員数の推移では、おおよそ全国平均で拡大率が11%退会率6%卒業率18%で、減少傾向を黙示しています。そこで当委員会が主力となり拡大活動を率先し、メンバー全員が同じ意識のもと一同の協力が必要とされ、33%(約15人)の会員拡大を目指し、男女問わず大勢の目線と力を終結させ新しい力を加え続けていき、当青年会議所の活動を継続・維持し、後輩達へ伝承していく高い拡大意識が求められます。

まずは、拡大意識の向上をはかるために、JCの事業内容や存在意義ならびに必要性を感じ取る新入会員募集要項を用い、メンバー全員が活発に意見を交わし合い、士気を高める拡大座談会を開催し、男女問わず当青年会議所の運動に賛同してもらえる拡大活動を始動します。そして、メンバー全員に会員拡大の当事者意識を抱いてもらうために、JC活動の魅力や意義を伝えると共に、今後の会員数予想推移も伝え、座談会で得た知識や情報を集約し拡大手法に関する例会を開催し、メンバーの志気を高めて拡大活動への協力・支援を得ていきます。さらに、新入会員の受け入れ委員会として、共に委員会活動に躍進するために積極的な参加を促し、交流会としても機能する委員会運営を行うことで、深い友情が芽生え、お互いに切磋琢磨し、自己啓発を促しながら青年会議所運動に邁進してまいります。また、対外からの視野を取り入れ拡大窓口を広げるために、先輩諸兄と相互理解を深める会を開催して、当青年会議所で活躍されてきたメンバーからも、今後のご支援・ご協力を賜れるような例会を開催し、豊かな社会を実現する拡大活動へと繋げていきます。

当委員会活動が男女会員数を拡大し、メンバー全体の意識拡大を成し遂げることで、我々がより一層活気にあふれ、これからも地域に必要とされる団体であり続けるために奉仕、修練、友情の三信条を胸に抱き活動する報恩謝徳の精神から感謝の心が未来を創ります。

 

項  目

実  施  内  容

担 当 例 会

6月例会(会員拡大に必要な手法に関する例会)

12月例会(例会)

事  業  名

・OB交流事業

・定期的な拡大座談会の実施

・新入会員獲得のための会員拡大活動

・サマーコンファレンス

・広報戦略委員会との連携による拡大に関する戦略的広報活動

 

2017年度 地域活性委員会 基本方針

地域活性委員会 委員長 西村 洋助

私たちの住まうまちには歴史・景観・特産品といった魅力ある資源を有しており、それらに関係する人びとの活動が地域活性化をもたらし、資源が幅広い人びとを惹き付けています。一方で、地域活性化は一部の地域に集中していることや、地域活動の参加者が減少傾向にあることから、新しい人の流れを作る地域コミュニティの創造が求められており、これからのまちづくりには、まち全体へ地域を巻き込む活動を浸透させる必要があります。

まずは、我々が資源を活かしたまちづくりを行うために、他の地域の成功例を学ぶことで、存在する資源とまちのつながりを認識します。そして、我々がさまざまな地域と関わるために、それによるまちの活力を把握し、関係諸団体と協力する意識を向上させます。さらに、まち全体に活性化を広めるつながりを作るために、自分たちのまちは自分で創るという意識を確立する事業を行い、それらの抱える問題が協働することで、解決力を高めます。また、新しい人の流れを作るために、地域の連携から新たな資源を開拓することで、それぞれの取り組みを活発にします。そして、愛郷心溢れるまちとなるために、産・学・官が一体となった資源を活かした交流の場を設け、地域の活動に人びとが共感する事業を行い、互いに解け合うことによって感謝の思いを引き起こします。さらに、まちの魅力を広めるために、広報戦略委員会と連携し随時発信することで、幅広い人びとに活動を知っていただきます。また、今後のまちづくりのために、まちの求めるコミュニティを開催する勉強会を行い、地域の声を汲み取り我々が主体となる時代に則した活動を模索します。

魅力溢れるまちとなることは住まう人びとの愛郷心を深め、地域一体となった持続可能なまちづくりが創造されます。人と地域資源のつながりが地域活性化をさらに広げ、まちを誇りに想い、地域と協働してまちを創り報恩謝徳の精神から感謝の心が未来を創ります。

 

項  目

実  施  内  容

担 当 例 会

5 月例会(自分たちのまちは自分で創るという意識の確立する事業)

8 月事業(地域の課題を解決できる地域資源を活かした行政・各種団体を巻き込んだ事業)

事  業  名

・滋賀県を代表するコミュニティを開催するに必要な手法の調査活動

・京都会議

・広報戦略委員会との連携による拡大に関する戦略的広報活動

 

2017年度 まちの調査・特別委員会 基本方針

まちの調査・特別委員会 委員長 中西 豊

私たちのまちは、増え続ける社会保障費や公共施設関連費用など財政支出が増加し、税に関する問題は多岐にわたっており、多くの課題に対し我々の目が向いていないのが現状であります。これらの問題を知り解決へ導くには、地域を支える青年である我々が財政の知識を得て理解を深め、まちをより良くする事業を創出できる人材の育成につなげるとともに、多くの交流から得られる様々な情報を取り入れ、さらなる成長が求められています。

まずは、私たちがまちのニーズを把握するために、行政の取り組みや税に関心を持ち、行政が私たちのまちについて、どのような方針と計画で政策を行っているかを調査し、その中から見えるまちの抱えている課題を洗い出します。そして、私たちの税が有効に活用され、地域の発展を促して行くために、全国で注目され成功している地方自治体の取り組みに着眼して調査・比較し、その成功を私たちのまちの明るい未来にどう役立てるかを検証する勉強会を実施し、まちづくりへの意識が高まります。さらに、このまちに必要とされる事業を展開するために、税について、学び得たことを報告書として作成し、新たな知識が得られ、自らの胆識を養い地域の発展に寄与します。また、メンバー同士が未来の事業に対し同じ方向を向いて取り組み続けるために、滋賀ブロック協議会に我々の活動地域における現状の課題や活動を発信し、貴重な意見交換の場をもつことで、日本青年会議所の取り組みを学び吸収し、相互理解を深めます。そして、今後担う滋賀ブロック大会のために、スケールを肌で感じ有益な情報を取り入れることで、メンバーの視野が広がります。

着眼大局、着手小局を心に掲げ、調査を行い検証することで、まちが成長する糧の一つとなり、持続的な発展へとつながり、我々のまちが本当に必要としている時代に即した魅力ある事業を行う礎を築き、まちを創る報恩謝徳の精神から感謝の心が未来をつくります。

 

項  目

実  施  内  容

担 当 例 会

4月例会(滋賀ブロック協議会の公式訪問事業)

9月例会(滋賀ブロック大会に関する事業)

事  業  名

・市町税について、人口問題や社会保障費問題に対する原因と改善点、成功している地方公共団体の改善策など必要で有効な政策の調査活動

・リレードセレモニー

・広報戦略委員会との連携による地域活性に関する戦略的広報活動

 

2017年度 未来創造委員会 基本方針

未来創造委員会 委員長 福原  一慶

昨今、社会問題となっている少子化による人口減少は、我々の住まうまちにおいても例外ではなく、自治体消滅の大きな要因である若者世代の移住による人口減少においては早急な対応が必要な状況にあるとともに、今後の青年会議所運動を展開していく上で、想いや気持ちを相手により効率的に伝えるための会話力、行動力や表現力を今まで以上に一層向上させることが重要であり、メンバー全員が学び行動し成長することが必要であります。

まずは、消滅可能性自治体である竜王町の現状をメンバーが把握するために、地域の声に耳を傾け早急な対応が必要だと気付く機会を設けることで、今後の活動や運動に対して積極的に参加する意識が芽生えます。そして、若者世代の愛郷心を育むために、歴史・文化などの伝統や時代と共に移り変わってきた良き所を学び、それに伴う問題点を共有し自ら住まうまちの素晴らしさに気づいてもらうことで郷土愛を育み、その心を次世代の子供達にも伝えたいと思えるまちおこし事業を行い地域に住みたいと思う若者を増やします。さらに、入会して間もないメンバーの京都会議やサマーコンファレンス・全国大会への参加意欲を向上させるために、各種大会で開催されるセミナーの趣旨や魅力を説明するFTセミナーを随時開催し、青年会議所運動の素晴らしさを知ることで、自ら率先して渉外へ進んで参加する気概を持ってもらいます。また、地域の誇りとなる青年経済人になるため、自らの成長が地域の成長につながるという意識を持って行動し、一人ひとりが自己の資質向上を図ることができるLD道場を実施することで、地域に求められる存在となります。

住まう地域に関心を持って人口減少問題の解決に向けた一歩を踏み出し、各種渉外にも自ら進んで参加して地域の誇りとなる青年経済人へ成長し、今まで出会ったすべての人に感謝し、自らに対して決して奢ることなく報恩謝徳の精神から感謝の心が未来を創ります。

 

項  目

実  施  内  容

担 当 例 会

1月例会(新年度に関する事業)

7月例会(竜王町が本当に望んでいる地域問題を解決する事業)

事  業  名

・渉外FT推進セミナー(日本青年会議所の渉外事業の魅力を正会員に発信し、それら事業に参加してもらうための座談会の実施)

・LD道場(地域の青年経済人として地域の誇りとなるような人材育成事業)

・全国大会(さいたま)

・広報戦略委員会との連携による拡大に関する戦略的広報活動

 

2017年度 財政・規則事務連携会議 議長 谷口 豊

財政・規則事務連携会議 議長  谷口 

我々の運動が昨今、大きく変化する社会経済情勢や社会的な規範が移り変わりしていく中において、ガバナンス強化を基軸に常に高い遵法精神の姿勢が求められ適正かつ厳格なコンプライアンス体制の確立・会計基準の適正化・財務体質の透明化・財務基盤の健全性をより進めながら、一人ひとりが成長することで確固たる組織運営を構築することができ、地域社会から我々の運動がより信頼され、時代を牽引できる団体となる必要があります。

まずは、正会員に最高意思決定機関である総会と青年会議所運動・活動の根幹となる諸会議の意義と仕組みを理解するために、青年会議所として守るべき規則と重要性を周知徹底し、円滑に会議運営をします。そして、各委員会の運動を伝播できるように導き、より良い事業をおこなっていただくために、コンプライアンスと財務運営のマニュアルを指針とし、適正に運営されているかチェックリストを用いて審査します。さらに、財務運営の健全性を継続するために、予算および決算報告を役員と連携を行い透明性がある精度の高い審査することを努めます。また、組織運営強化に伴い入会歴の浅いメンバーが未来の委員長候補に成長するために、当会議運営を通じて財務面や青年会議所の規則に触れ、議案書と向き合うことにより見識し、ゆるぎない組織のリーダー格となる人材を育成していきます。そして、我々の運動に関する財政面・運用規則等を効率的に使用するために、財務関係の書式を電子媒体化し、事務局にて一元管理していきます。さらに、メンバーの運動・活動の一助なるために、有意義な情報があるハンドブックを作り上げ、管理運営します。

先輩諸兄から伝統と誇りを受け継ぎ、さらに魅力ある団体へ発展することにより、青年会議所として社会的存在価値を高めるために運動していき、そして適正な財務運営を成し遂げ各委員会と連携し事業の成功を支える報恩謝徳の精神から感謝の心が未来を創ります。

 

項  目

実  施  内  容

担 当 例 会

2月例会(2016年度決算並びに事業報告に関する事業)

8月例会(2018年度理事長・指名理事・監事・理事の予定者選任に関する事業)

11月例会(2018年度理事長所信並びに予算、委員長活動方針に関する事業)

事  業  名

・ハンドブック作成と管理

・コンプライアンスに基づく諸事業・議案の精査及び審査

・年度予算案及び年度末決算書の審査

・諸事業の予算及び決算の審査