2017年度 地域活性委員会 基本方針

地域活性委員会 委員長 西村 洋助

私たちの住まうまちには歴史・景観・特産品といった魅力ある資源を有しており、それらに関係する人びとの活動が地域活性化をもたらし、資源が幅広い人びとを惹き付けています。一方で、地域活性化は一部の地域に集中していることや、地域活動の参加者が減少傾向にあることから、新しい人の流れを作る地域コミュニティの創造が求められており、これからのまちづくりには、まち全体へ地域を巻き込む活動を浸透させる必要があります。

まずは、我々が資源を活かしたまちづくりを行うために、他の地域の成功例を学ぶことで、存在する資源とまちのつながりを認識します。そして、我々がさまざまな地域と関わるために、それによるまちの活力を把握し、関係諸団体と協力する意識を向上させます。さらに、まち全体に活性化を広めるつながりを作るために、自分たちのまちは自分で創るという意識を確立する事業を行い、それらの抱える問題が協働することで、解決力を高めます。また、新しい人の流れを作るために、地域の連携から新たな資源を開拓することで、それぞれの取り組みを活発にします。そして、愛郷心溢れるまちとなるために、産・学・官が一体となった資源を活かした交流の場を設け、地域の活動に人びとが共感する事業を行い、互いに解け合うことによって感謝の思いを引き起こします。さらに、まちの魅力を広めるために、広報戦略委員会と連携し随時発信することで、幅広い人びとに活動を知っていただきます。また、今後のまちづくりのために、まちの求めるコミュニティを開催する勉強会を行い、地域の声を汲み取り我々が主体となる時代に則した活動を模索します。

魅力溢れるまちとなることは住まう人びとの愛郷心を深め、地域一体となった持続可能なまちづくりが創造されます。人と地域資源のつながりが地域活性化をさらに広げ、まちを誇りに想い、地域と協働してまちを創り報恩謝徳の精神から感謝の心が未来を創ります。

 

項  目

実  施  内  容

担 当 例 会

5 月例会(自分たちのまちは自分で創るという意識の確立する事業)

8 月事業(地域の課題を解決できる地域資源を活かした行政・各種団体を巻き込んだ事業)

事  業  名

・滋賀県を代表するコミュニティを開催するに必要な手法の調査活動

・京都会議

・広報戦略委員会との連携による拡大に関する戦略的広報活動